池田―広島商(82年決勝)

3.jpg

3.1


池田(徳島)  600 015 000|12

広島商(広島)001 001 000|2

■池田、猛打で初優勝 パワー全開「池田の夏」

 四国の豪放な打棒が、全国三千四百六十六校の頂点をきわめた――。

 第六十四回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の最終日は二十日、阪神甲子園球場に五万三千人の大観衆を集めて池田(徳島)―広島商(広島)の決勝戦が行われ、池田が投打に広島商を圧倒して、徳島県に初めて深紅の大優勝旗をもたらした。

 先攻の池田が一回、二死から2二塁打を含む6安打を放つ打者一巡の猛攻で一挙に6点を先取。六回には、畠山の2点本塁打など大会新の七連続安打で5点を加え、栄冠を不動のものとした。これに対し、広島商は三、六回にそれぞれ1点を挙げたが、後手後手に回り、試合巧者ぶりを十分発揮することが出来なかった。全員得点の池田は、今大会同チーム三度目の全員安打、チーム本塁打も七本に伸ばし、大会新をマークした。広島商は、過去五回の決勝戦でことごとく優勝したが、その伝統を継続できなかった。

 閉会式では、池田ナインとともに、準優勝の広島商にも温かい声援と拍手がスタンドからわきあがり、十四日間の熱闘の幕を閉じた。

■初回一巡 6回は7連打 18安打 すさまじい破壊力

 まさか、これほどの大差がつくとは思わなかった。確かに池田打線は強力だ。しかし、決勝という独特のムード、相手がここ一番になると力以上の試合をみせる古豪の広島商とあって、接戦を期待したが、そんなすべてを池田打線があっさり打ち砕いてしまった。

 池田の一気にたたみかけた一回の攻めはすさまじかった。それも簡単に二死を取られてからだ。江上以下が3連打して満塁とし、続く宮本はストレートの四球。これで早くも1点。こうなると池田は強い。山下の左中間二塁打と中堅手の悪送球が重なって走者を一掃、さらに木下、山口が長打短を浴びせ一挙6点を奪った。

 広島商の池本は、悪い立ち上がりではなかった。カーブを多投、トップの窪、二番多田を遊ゴロにうち取り、マウンド上でもおそらく「いけるぞ」と思ったろう。

 その投球が狂いだしたのは江上を2―2と追い込んだあと、真ん中のカーブを打たれてから。続いては畠山、水野にも甘いカーブを連打され、すっかり動揺してしまった。宮本を歩かせ、山下以下に3連打された時の投球は、いつものゆっくりタメをつくったモーションでなく、手先で投げ急ぐ池本らしくないものだった。このため、制球は乱れ、球の切れもなくなり、池田打線にねらい打たれた。

 二回から中盤にかけては外角へカーブをよく決めて池田打線をかわしたのをみると、得意のカーブを次々に打たれたことによる動揺としか思えない。とはいえ、相手投手の決め球をいとも簡単にねらい打ってみせた池田打線が一枚上で、改めてそのすごさを思い知らされた。そして池田は六回、再び二死から畠山の本塁打などで5点を加えて勝負を決めた。

 広島商にとっては一回の6失点がなんとしても痛い。しかし、反撃して池田を追いつめる好機はあった。それは先頭の久山が三塁打した二回だ。大差がついたといってもまだ序盤。池本が自分の投球を取り戻しつつあったので、小刻みにでも加点していけば池田の焦りを誘えたかも知れない。が、一死からのスクイズで久山が本塁で刺され、逆に守っては五回に遊撃手の悪送球で点を与えるなど、攻守に広島商らしくないミスが出てしまった。これが予想外の試合展開になったといえる。(田口)

■カーブ狙い打ちが突破口に

 なんと、すさまじい池田の打撃だろう。簡単に二死にはなったが、それからがすごい。

あっという間に満塁とし、四球をはさんでまた連打で一挙に6点。この間、わずかに十七分だったが、息もつかせぬ猛攻は五万三千人の観衆を驚きとため息に二分してしまった。

 終わってしまえば、池田の豪打だけが印象に残る。だが、池田に不安がなかったろうか。前日、中京が、池本の軟投に完封されたのを目のあたりにしている。ひとつ間違えば、中京の二の舞い――そんな重圧が戦いを前にしてなかったとは思えない。

 試合前の練習に、池田は鳴尾浜へ出かけた。せまい室内の練習では不安が消えなかったに違いない。そこでは広島商の池本投手に似た横手投げ投手を相手に約一時間の打ち込みをした。蔦監督は、ここで「打席では投手寄りに立て。ベースにかぶさってカーブをねらえ。強振せずミートしろ」と指示した。

 ところが、窪、多田の一、二番打者は池本のカーブをまじえた巧みな投球に、ともに遊ゴロ。試合は池本のペースで進みかけた。池田にとっては、いやなムードが漂いかけたところだった。

 この重苦しい雰囲気を打ち払ったのが江上の安打。スピードを殺したカーブに空振りして2―2となったが、5球目の真ん中から手元へ食い込むカーブをライナーで右前に打ち返した。蔦監督の指示通り、ミートを第一に考えた無理のないスイングをみせた。

 池田の攻めの特徴は、きっかけをつかむと一気に襲いかかることだ。続く畠山、水野はいずれも1―1からのカーブをたたきつけて三遊間を破り、宮本の四球で1点をあっさり奪った。

 ここで、蔦監督は次打者の山下に「直球ねらい」を指示した。池本の武器であるカーブを連打した。「もうカーブで勝負してこない」と読んだからだろう。このあたりはさすがにベテラン監督である。山下は1―2からの直球に詰まったが、左中間に二塁打して二人をかえし、さらに返球ミスで走者を一掃。

 この場面で池本が、カウントを取ろうとせず、得意のカーブか、あるいはシュートを投げていたらどうだったろう。山下はねらいが外れて内野ゴロを打たされたかもしれない。勝負に「たら」は許されないが、山下―池本の勝負が大勢を決めてしまったといえないだろうか。

 「6点でいっぺんに楽な気分になった」という山下。この言葉は池田の全員の気持ちだったことは間違いない。その後は、のびのびと打ち、走り、守って大差をつけたのだから。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。