横浜―PL学園(98年準々決勝)

9.1
横浜―PL学園で力投した松坂大輔投手

9.2.jpg
横浜―PL学園 17回表横浜2死一塁、常盤に右中間本塁打を打たれ、マウンドにひざをつき打球の行方を追う投手上重


横浜(東神奈川)  000 220 010 010 000 12|9

PL学園(南大阪) 030 100 100 010 000 10|7

(延長17回)

 ■横浜17回、一丸の底力 横浜9−7PL学園 第80回全国高校野球

 三一・二度。うだるような猛暑の中で繰り広げられた熱戦に、六万五千人の観衆が酔った。第八十回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は二十日、準々決勝4試合があり、うち2試合が延長戦となった。延長十七回、ゲームセットまで三時間三十七分。リードしてもすぐに追いつかれる緊迫した好ゲームだった横浜―PL学園戦は、横浜が2点本塁打で振り切った。豊田大谷は、延長十回に劇的なサヨナラで、浜田を下した。第4試合は、開始が午後六時前となり今大会初の本格的なナイターに。今大会の入場者は、開幕以来八十万人となった。

 第1試合の横浜―PL学園は「東西の横綱」という前評判通り、力と力をぶつけ合った。第2試合は明徳義塾が関大一に圧勝。第3試合は、松江中以来、島根勢として七十五年ぶりの準決勝進出をねらう浜田が九回二死から同点に追いついたものの、豊田大谷の前に力尽きた。第4試合が始まると間もなく照明灯がともった。最後のベスト4の座をかけて京都成章、常総学院の選手たちがカクテル光線に浮かび上がったグラウンドで球を追い、京都成章が四強入りを果たした。終了時間は午後八時十二分。スタンドの興奮も、終日、冷めることがなかった。

 ■8時12分に全試合終了

 二十日の第4試合が終了したのは午後八時十二分。これは、大会史上四番目に遅い終了時間となった。過去、最も遅かったのは第五十回大会(一九六八年)の第一日で、第4試合の津久見―高岡商が終わったのは午後九時二十七分。二十日は、これまで四番目だった第六十一回大会(七九年)第九日の箕島―星稜の延長十八回(終了時間は午後七時五十六分)より十六分遅かった。

■3時間37分、一振りが決めた 松坂の250球支える

 もう、ガッツポーズをする気力さえ、残っていなかった。延長十七回、田中雅をカーブで三振に仕留めた横浜の松坂は、両腕をだらりと下げて、下を向いた。250球。「野球人生で一番苦しい試合でした」

 その言葉に、わずかな誇張も含まれてはいない。

 PL学園のすさまじい粘りだった。十一回。1点を勝ち越したら、追いつかれる。十三、十四、十五回は得点圏に走者を送りながら、上重にかわされた。十六回には、再び1点を勝ち越したが、また振り出しに戻されてしまう。

 「いい加減にしてくれ」。松坂の心の叫びだ。

 なえそうになる気持ちを奮いたてることができたのは、仲間たちがかけてくる言葉だった。「いつか、必ず点を取ってやる。抑えることに集中しろ」。捕手の小山が言い続けた。十七回の攻撃に入る時、常盤が「絶対勝つからな」。

 女神を最後に振り向かせたのは、代打で十一回から出場した、その常盤の一振りだ。「真っすぐだけにヤマを張って、振り抜きました」。二死から敵失の走者を一塁に置いて、右中間席に本塁打を打ち込んだ。

 「自分が打てば決まっている場面があった。あそこは、どうしても、松坂を楽にしてやりたかった」。常盤が振り返る。

 「PL学園の強さは特別です。自分たちでなければ、勝つことはできなかったでしょう」。松坂は「自分たち」の「たち」に力を込めて、話した。

 「準決勝は、松坂を投げさせられない」。横浜・渡辺監督の言葉が本音であるかどうかは、分からない。

 「そうだとしても、僕たちには全員野球がありますから」。常盤が最後に言った一言に、横浜の本当の強さがひそんでいる。(西村欣也)

■ねじ伏せた、涙出ました 横浜・小山

 本塁打を含む5安打で3打点を挙げた横浜の主砲・小山は「みんなでひとつになれた。勝った時は、涙が出ました」と、感激した。捕手としては、二回にいきなり3点を失うなど反省点を挙げた。「松坂の調子はよかったが、僕の配球が相手に読まれていて打たれた。松坂に申し訳なかった」という。しかし、主将として、チームの集中力を途切れさせないように引っ張った。「選抜の時と違い、今度は力でPL学園をねじ伏せられました」と胸を張った。

■初の公式戦ではつらつ 救援バッテリー 上重投手、田中雅捕手

 PL学園の上重は、失投とは認めなかった。延長十七回二死一塁で喫した本塁打。「全力で投げたからいいんです」と宙をにらみながらいった。捕手田中雅の要求は外角低め。打たれた直球は真ん中高め……。春の選抜大会準決勝で救援して敗れた相手が横浜。雪辱に燃えた。精いっぱいやった、と自分を納得させなければ、やりきれなかったのだろう。

 八回、同点にされた直後の二死二塁。けがの石橋に代わって、公式戦初出場の田中雅がマスクをかぶった。「おいっ、やるしかないぞ」と二年生捕手の頭をポンとグラブでたたいた。腹をくくった救援バッテリーは一つのアウトを取ることにだけ集中した。

 「危険なコースをわざと要求もした。上重さんがズバリと投げてくれた」。田中雅も必死で頭を回転させる。延長十三回から、毎回得点圏に走者を進められながらしのぐ。十六回一死満塁、遊ゴロで勝ち越されても、すぐに追いつく。

 十七回の本塁打の直前に背負った走者は、遊撃手の失策によるもの。上重は、息が上がっていた。だが、同時に「マウンドにいるのが楽しくなっていた」という。エラーはすぐに忘れた。「束になって相手にかかっていくのが、うちの野球だから」

 11回、145球。先発のほぼ二倍を投げたリリーフ。「勝てなかったけれど、松坂との差は縮まったと思う」。最後まで悔やむそぶりはみせなかった。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池田―PL学園(83年準決勝)

8.jpg
83年 第65回高校野球記念大会 PL学園の桑田真澄投手


池田(徳島)   000 000 000|0

PL学園(大阪) 041 100 10X|7

■PL猛打 池田を砕く

 第六十五回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)は二十日、準決勝を迎えていよいよ佳境に。好カードとあって、観衆は五万八千人。午前十一時、第一試合の池田(徳島)―PL学園(大阪)戦がプレーボール。PLは二回、桑田、住田の連続本塁打などで大量4点を加えた。連続本塁打は大会史上五度目。PLは四回にも小島が二試合連続の大会29号左翼本塁打で1点を追加。その後もPLは水野を攻め立てて加点。池田は看板打線が一年生投手桑田の力投に封じられて完敗した。一時間二十五分のドラマはあっけなく終わった。第二試合は久留米商(福岡)―横浜商(神奈川)戦。

■3本塁打7点奪う 桑田、豪打線ピシャリ

 波に乗るPL打線が、池田のお株を奪う、すさまじい爆発力を発揮した。二回一死から朝山が四球、山中は三振したが、小島が2―2から池田・水野の外角寄り低めの速球を右中間二塁打して、まず1点を取った。勝負球を打たれた水野の表情が変わる。続く桑田は、それを見すかしたように2―0から内角高め直球を左翼席へ痛烈な本塁打。さらに住田も2―0から、水野がむきになって投げ込んできたスライダーを左翼ラッキーゾーンへ打ち込んで、一気に4点を先取した。

 水野の立ち上がりは悪くなかった。いや、むしろ直球が走り、簡単に池部を三振、神野、加藤を投ゴロに仕留めたように、これまでの最高のスタートを切ったとさえいえる。

 しかし、投手は快調なときほど、乗りすぎるため用心しなくてはならない。水野は二回も直球を主体に、速いテンポで投げた。ところが、この投球内容とテンポが、直球に的を絞り、リズムに乗っているPL下位打線と、ピッタリ合った。そして、気の強い水野の性格が、さらに拍車をかけたといえよう。

 PL学園の勝因は、二回のほか四回の小島の本塁打、七回の神野の二塁打に見るように、長打力にあった。同時に相手投手を押しつぶす強打の池田を、わずか5安打に抑えた一年生投手・桑田の多彩な投球と、彼をもり立てたバックスの好守の勝利でもあった。

 池田は、この試合で心配されていたアキレスけんを見せた。攻めては緩いカーブにタイミングが合わなかったこと。守っては捕球ミスなどが出たことで、これが意外な大量失点の一因でもあった。(柴橋)

■ボール判定で投球が一変 池田・水野投手

 水野がマウンド上で首をかしげるのを、初めて見た。腰にあてがった両手がけだるそうだ。打者をにらみすえる、いつもの眼光も薄らいでいる。公式戦では初体験の被本塁打を、いっぺんに三本。しかも許した相手が七、八、九番打者という皮肉な結果だった。

 水野は「ストーリー」という言葉が好きだ。一回から九回まで、相手打者をどううち取っていくかをあらかじめ頭に描くのだ。途中、投球が乱れてピンチを招く、あるいは点を奪われる、といった光景すら思い浮かべるという。自らへの絶対の自信と投球術があるからこそできる芸当といえる。その「水野流」も、二回もマウンドでは計算が外れてしまった。

 この回、朝山の四球をはさんで清原と山中をともに三振に。そのあと小島の二塁打、桑田と住田の二者連続本塁打が出るわけだが、試合の流れを変えたのは小島が右中間を破る直前の四球目。2―1から外角低めへのスライダーだった。微妙なコースで、球審の手が上がりかけたほどだったが、判定はボール。水野の顔色がサッと変わった。

 そのショックが尾を引いた、のだろう。次の一球を小島に先制打にされると、水野は自分を見失っていく。桑田に打たれたのはやや内角寄りの高めストレート、住田には真ん中へ入って来るスライダー。共通していたのは、ボールカウント2―0からムキになって投げた球、ということだ。桑田へは高め遊び球のつもりだったらしい。それがストライクゾーンいっぱいに入った。「それも打たれるとは……」と水野は肩を落とし、住田へは「外角を狙ったんだが……」と、ぼう然。

 蔦監督は最近、「この子らの人生のためには、負けた方がいい。それも、水野が打たれる形で……」ともらしたことがある。生徒たちの「おごり」を心配しての言葉だったろう。水野にとっては、池田のユニホームを着て初めて味わう挫折であった。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星稜―明徳義塾(92年2回戦)

7.jpg
第74回全国高校野球選手権大会。明徳義塾戦では全5打席を敬遠され、一度もバットを振ることができなかった

星稜(石川)   001 010 000|2

明徳義塾(高知)021 000 00×|3

■勝利第一か正々堂々か 星稜・松井選手5敬遠

 第74回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)7日目の16日、第3試合の星稜(石川)−明徳義塾(高知)戦で、明徳義塾が星稜の4番打者松井秀喜三塁手を5打席とも敬遠したため、9回には、星稜応援席や外野席からメガホンや紙コップがグラウンドに大量に投げ込まれて試合が一時中断した。勝った明徳義塾の校歌が流れると、星稜応援席などから「帰れ、帰れ」の声が上がるなど騒然とした。

 明徳義塾の馬渕史郎監督は試合前から、「松井選手は敬遠」と指示していたという。7回には2死無走者でも歩かせた。1試合で5連続四死球は第12回大会以来2度目。

 松井選手が敬遠されるたびに、星稜応援席からだけでなく、観客席から不満の声が上がった。9回2死三塁で敬遠された直後、星稜応援席付近から「勝負しろ」との声が飛び、メガホンが投げ込まれた。星稜の選手やボールボーイが回収に走ると、「ごめんなさい」とわびる人もいた。しかし、1点差で敗れると、整列した明徳義塾の選手に対して、内野席から「帰れ、帰れ」の声が起こり、他の席にも広がった。

 一方、明徳義塾の応援席では試合中、「敬遠せよ」との声が大半だったが、中には、「逃げるべきではない」「土佐野球は真っ向勝負だ」と残念がる声もあった。

 大会本部や朝日新聞社などには試合中から1000本を超える賛否の電話が相次いだ。「選手宣誓でうたった高校野球精神を踏みにじる行為」「子どもの教育に悪影響を与える」「5回とも敬遠というのはやりすぎだ」との批判的な意見が多かったが、「勝つためには当然の策」「ルール違反ではない」との擁護派もあった。

 試合後、馬渕監督は「正々堂々と戦って潔く散るというのもひとつの選択だったかもしれないが、県代表として、ひとつでも多く甲子園で勝たせたいと思った。選手には嫌な思いをさせてしまった。私もつらかった」と語った。

 星稜、明徳義塾両校の地元などでも様々な意見が出た。

 敗れた星稜の教諭の一人は「一生懸命練習した松井君が一度もバットを振れなかったのはかわいそうだが、もう済んでしまったことだし、そっとしておいて欲しい」と語り、石川大会決勝で敗れた金沢市立工業の西東直人監督は「明徳の監督は勝負に徹したのだろうが、走者がいないときまで敬遠しなくてもよかったのではないか。石川大会決勝ではピンチのうち一度だけ敬遠の指示を出したが、それでも投手は勝負をした」と話した。

 明徳義塾の地元では、朝日新聞高知支局などに電話が相次いだ。

 「ともに高校生。正々堂々と勝負してほしかった」。「一生懸命練習してきた選手がかわいそうだ」と、明徳義塾の選手たちの努力を認めた上で、作戦に対する批判もあった。

 しかし、一方で、「県代表として勝たなければ、という使命を背負っているのだから、敬遠策は当然」「ルールを守って明徳が勝った。観客席から物を投げ込むなどは筋違い」「監督だって勝負させたかったと思う。インタビューの時の涙で、気持ちがよくわかった」など、明徳義塾に対して擁護、同情の意見も多かった。

    ◇

 明徳義塾が2度の好機を確実に得点に結びつけた。2回、先頭の岡村が中前安打し、中堅手が打球をそらす間に2進。捕逸と四球で一、三塁とし、青木のスクイズ、久岡の左越え二塁打で2点を奪った。3回には1死満塁で加用が右前安打し1点を加えた。これ以外で走者を出したのは、8回の振り逃げだけ。星稜守備陣の乱れと、山口のわずかな制球の甘さを突いた抜け目のない攻めだった。

 星稜は、4番松井が5打席全部敬遠された。そのうち4度が走者を置いた打席。打線が分断されたうえ、河野の緩いカーブにタイミングを狂わされ連打が出なかった。
| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。